読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の読書メモ(2012年5月第5週)

気がつけば5月も終わってもう6月。2012年も半年が過ぎようとしている・・・。半年経った時点で読書の進捗をチェックして見ようと思う。

読書中の本

[改訂新版]藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 (光文社新書)

[改訂新版]藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 (光文社新書)


先週注文した本書が届いたので、さっそく読書。為替、先物取引LIBOR、国債、金利スワップ、オプション・・・等、書かれている内容は改訂前と同じだが、2012年の春に改訂されただけあって、最近の円高の状況も踏まえた追記が多くて理解の手助けになる。本書は経済の大きな動きをつかむための教科書的存在だと思う。

チェックした本

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II


「20歳のときに知っておきたかったこと」のティナ・シーリグ先生の次の本。内容はまだ読んでいないけど、著者の本は読むだけでモチベーションアップになるので買ってしまおうかと。


この他、チェックした本7冊を紹介。

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学

Think Simple―アップルを生みだす熱狂的哲学


ビジネス・マネジメント・スタジアム

ビジネス・マネジメント・スタジアム


僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)


それをお金で買いますか――市場主義の限界

それをお金で買いますか――市場主義の限界

一生お金に困らない個人投資家という生き方

一生お金に困らない個人投資家という生き方


最後の本は、実践法が不動産投資&デイトレードという、生半可な気力では実践が難しい方法なので買おうとは思わなかったが、著者の出身地が地元だったのでチェック。


鉄道会社はややこしい (光文社新書)

鉄道会社はややこしい (光文社新書)


変わり種な親書。日本の鉄道独特の乗り入れをはじめとした鉄道に関わる本。


いつか絶対に見に行きたい 世界の夜景

いつか絶対に見に行きたい 世界の夜景

  • 作者: 新人物往来社
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2012/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

仕事を忘れて海外旅行に行きたい!ということで海外旅行本もちらちらチェック。海外旅行本はいくつかチェックしているが、購入まで踏み切れていないことが多い・・・。


 fujitaka