読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xperia SX SO-05D 購入!感想やガラケーからの機種変の注意点とか

f:id:fujitakastyle:20120822165521j:image
過去の記事でも紹介していたXperia SX。購入前提で携帯電話料金プランの見直しをしていたが、肝心の端末が品薄で入手できずにいた。が、たまたまソフマップに行ったらブラック以外は在庫があるということで、その場でXperia SXのホワイトを購入した
半日かかってセットアップも終わったので所感をメモ。Xperia SXの感想というよりは、ガラケー機能入りスマートフォンの感想に近いかも。

目次
  1. とにかく軽い!
  2. ドコモのプリインストールアプリが多すぎる
  3. 電子マネーは自分で引っ越ししなければならない
  4. とりあえず・・・

とにかく軽い!

f:id:fujitakastyle:20120822165556j:image
大きさはiPhone 4とほぼ同じだが、重さが95gととにかく軽量。これまで利用していたP-09Aよりも軽いのでポケットに2台スマートフォンを入れていても違和感がない。やっぱりXperia SXは2台持ちに最適

ドコモのプリインストールアプリが多すぎる

ドコモのプリインストールアプリが多すぎて混乱する。これまでHT-03AXperia X10 mini pro、GALAXY NEXUS等、ガラケー機能なしのAndroidケータイしか使っていなかったこともあり、自分にとって無駄なアプリが最初から並んでいると残念な気持ちになる(パソコンを買って最初にすることが不要なソフトウェアをアンインストールすることだったのを思い出す・・・)。ちなみに、消せないアプリもあるようでどうしようか調査中。

電子マネーは自分で引っ越ししなければならない

モバイルSuica、楽天Edy等の電子マネーは機種変更に伴う移行作業を自分で行う必要がある。以前の機種変更の時はiCお引っこしサービスを利用することで簡単に移行することができたが、残念ながらXperia SXはiCお引っこしサービスに未対応。自分でやるしかない。
実際にモバイルSuicaと楽天Edyを移行してみた。楽天Edyは手数料として105円かかってしまうが仕方がない。手順などは公式ページを参考にした。


なお、機種変更後に移行しようと思っている人は注意が必要。1つはXperia SXに機種変更するとSIMカードが替わってしまう点。具体的にはFOMAカードからワンサイズ小さいmicroSIMカード(ドコモではminiUIMカードというらしい)に替わるので、後からSIMカードを挿し替えるにはmicroSIM変換アダプターが必要になる。
f:id:fujitakastyle:20120822174713j:image

もう1つはiモードの契約を残しておくこと。残しておかないとガラケーにSIMを挿してもネット接続ができない。これらを注意すれば、機種変更後でも電子マネーを移行することができる。

とりあえず・・・

批判に近い感想もあるが、Xperia SXそのものについては大満足である。もう少し使いこなしてきたらまた違った感想も出てくるはず。それまではXperia SXを使い倒していくつもり。


 fujitaka