読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯電話料金プランの見直し

iPhone 4の端末代金の分割払いも終わったし、そろそろ新しいiPhone(仮)が発売されるかもしれないし、ということで、そろそろ携帯電話料金プランの見直しをしてみようと思う。最近はb-mobileをはじめとしたMVNOも数多く登場しており、見直すことでコスト削減にもつながるはず。今回は現状の整理と想定する見直し案を考えてみる。実際の変更は来るべき時期になってから

現状の整理

今契約している携帯電話の回線は以下の2つ。2つの回線の合計で毎月7,386円+αを支払っていることになる。

端末 キャリア 用途 料金プラン 月額料金 備考
P-09A NTTドコモ 電話、携帯メール、おサイフケータイ、ワンセグ タイプSSバリュー+パケ・ホーダイ ダブル 1,678円+α(970円+390円〜+315円+3円) αは無料通話・通信の超過料金
iPhone 4 ソフトバンク Webブラウジング等データ通信全般 ホワイトプラン+パケットし放題フラット 5,708円(980円+4,410円+315円+3円) 通話はほぼ利用なし

※315円はiモード、S!ベーシック利用料、3円はユニバーサルサービス料。
※2012年8月15日現在

P-09A(NTTドコモ)

10年以上利用している電話番号とメールアドレスを残すためにもこれからも保有しつづける予定。また、おサイフケータイ機能は毎日のように楽天EdyやSuicaを利用しているので外せない。よって、機種変するにしてもおサイフケータイは絶対に必須となる。
最近SO-05DことXperia SXに機種変を考えている(詳しくはXperia SXはiPhoneとガラケーの2台持ちユーザーには最適なスマホか?を参照)。機種変するとなると、回線がFOMAからXiに変更になるとともに、料金プランも変更になる予定。

iPhone 4(ソフトバンク)

もはや生活から切っても切り離せない存在。電話やメール以外の全てをiPhoneでこなしている。逆にいうと電話機能やソフトバンクの携帯メールはほとんど利用しておらず、データ専用プランでも問題ないと感じている

携帯電話料金の見直し

2つの回線について検討を行う。

  • Xperia SXに機種変した場合の料金の確認
  • ソフトバンク回線の解約
Xperia SXに機種変した場合の料金の確認

Xperia SXを購入する場合、せっかくなのでLTEを使いたいのでXiの契約になるはず。その場合の月額料金を考えてみる。

  料金プラン 月額料金
(変更前) タイプSSバリュー+パケ・ホーダイ ダブル 1,678円
(変更後) タイプXi にねん+Xiパケ・ホーダイ ダブル 3,198円(780円+2,100円〜+315円+3円) 2年縛り有り

変更前と変更後では、パケ・ホーダイの最低通信料が大きく異なるため、全体の月額料金が2倍近く増えることに。実際はほとんどパケット通信を利用していないので無駄になってしまう可能性がある。しかしながらXiにしてしまうとこれ以外に選択肢がないので、ドコモの月額料金は増えることを覚悟しなければならなそう

ソフトバンク回線の解約

ドコモの月額料金が増えるとなると他でコストを下げなければならない。iPhone 4の端末代金の分割払いが終わり、回線を保持し続ける必要がなくなったので解約も含めて検討する。ソフトバンクのSIMロックがかかっているが、なんとかすれば解除できなくもないようなので、大きく2案で検討。


案1:ソフトバンクを解約し、Xperiaのテザリング経由で利用
ドコモの回線で必要以上の最低通信料を使わざるを得ない状況になりそうなので一気にドコモの回線に一本化するという案。この場合、Xiパケ・ホーダイ フラットであれば合計7,078円(780円+5,980円+315円+3円、Xiパケ・ホーダイ フラットは2012年10月以降の料金)となる。以前よりも安く利用できるのでメリットは大きいが、テザリングを利用することによりiPhoneの利便性の低下やXperiaのバッテリーが心配になるので、なかなか選択しにくい。


案2:b-mobile PairGB SIMを利用
b-mobile PairGB SIMを利用することによって、月額料金を一気に下げることができる。2GBの制限があるものの、これまでの利用履歴から1GB未満であることが多いので問題なさそう。またSIMカードが2枚あるのでiPadにもSIMカードを利用できるのがありがたい。

日本通信 bモバイル4G 高速定額2GBペアー・ギガバイトSIMパッケージ [マイクロSIM 2枚入り] BM-AMFRLP-2GBM2

日本通信 bモバイル4G 高速定額2GBペアー・ギガバイトSIMパッケージ [マイクロSIM 2枚入り] BM-AMFRLP-2GBM2

この場合、

  • NTTドコモ:3,198円(780円+2,100円〜+315円+3円)
  • b-mobile:2,976円(2970円+3円×2)

となり、合計で6,174円!見直し前と比較すると1,000円以上安くなる見込み。よってXperia SX(NTTドコモ)+iPhone(b-mobile)に見直しの予定

終わりに

あくまで想定で記載しているので来たるべき時期になったら実践する予定。実際、Xperia SXは現在品薄で購入できるのはまだ先になりそうだし、新しいiPhone(仮)が手に入るのはいつになるかわからないが、今回の見直しによって新機種を安価に利用できる環境にしたいと思う。


 fujitaka